盛大にぶつけた鼻を忘れてきた

郵便受けから郵便物を取り出し、中身を見ながら外に出ようとしたら

大して高くもない鼻をドアのガラスに盛大にぶつけた。

ガラスは強化ガラスだったため、無事だった。

僕はしばらく鼻を落としてしまったのではないかと地面を探した。

鼻は見つけられなかったので、おそらくまだ顔についているな、と

そのまま出かけたのでした。

事務所にも宅配物が多く届いているようなので、取りにいかなくちゃ。

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black YouTube Icon
  • Black Facebook Icon

当サイトに掲載されている作品画像、コンテンツの著作権は、作家本人に帰属しています。これを無断で転載、複製、販売など二次利用することを固く禁じます。

お問い合わせ:viablekids.viki@gmail.com  

オフィス:ViableKids. 東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山942

© Copyright 2018 by ViableKids.